工事ルポ

(南本牧)MC-3号コンテナターミナル施設等整備工事

工事ルポ

2015年1月の供用開始を目指し

施工場所

神奈川県横浜市の南本牧ふ頭地区。国際コンテナ戦略港湾に指定されている「京浜港」の一翼を担うこの地区では、現在水深-16mのMC-1と2のコンテナターミナルが稼動しており、連日大型のコンテナ船が着岸している様子が見られる。

輸送コストに優れるコンテナ船は大型化が著しく進んでおり、18000TEU*以上積載できる超大型コンテナ船も建造されるなど、より大水深のコンテナターミナルが必要とされる時代になってきている。

現在整備が進められているMC-3は、我が国の国際競争力強化のため2015年4月からの供用開始を目指して2007年から工事が着手された。(一部は2015年1月中旬から供用開始)

当社は、水深-20mを確保した次世代の世界基準コンテナターミナルの整備の掉尾を飾る施設整備工事を2013年12月から担当し、予定どおりこの12月に引渡しを迎える。

*TEU

twenty-foot equivalent unitの略。コンテナ船の積載能力やコンテナターミナルの貨物取扱量を示すために使われる、貨物の容量のおおよそを表す単位で、20フィートコンテナの1個分が1TEUとなる。

輻輳する工事、工期、風に立ち向かう

reportage04_img01

今回の工事の敷地は広い。その面積は158,217.44m2、東京ドーム4個弱だ。これだけ広いと施工がやり易いと思うが、実際は正反対だ。南本牧地区では国土交通省をはじめ、横浜市、横浜港埠頭株式会社から多くの工事が出件されており、その数は16件(2014年12月時点)。当然様々な工事との調整が必要となるが、2015年1月の供用開始に間に合わせるためには、手戻りの発生は許されない。同一敷地内での他工事の進捗を考え合わせ、工程を決めていく必要があるが、作業所長の三須所長は他工区との調整を含め、トータルマネジメント力は際立っている。

「供用開始の時期が決まっている国家プロジェクトですから、工期内になんとしても完成させなければいけない、というプレッシャーは非常に感じていました」と三須所長は語る。

また、風にもずいぶん悩まされた。三須所長は「季節を問わず、午後になると風が強くなりますので、夏場は早朝から仕事に取り掛かるようにしました。軽量の部材を吊る時には、風にあおられて部材同士がぶつかって傷つく恐れもありますし、鉄骨建方時には鳶工さんの安全を考えなければいけません。工事の進捗に大きな影響がありますので気を使いました」と述懐する。

建築と土木のコラボレーション

この工事の構成は、建築と土木が約40数%ずつ、設備が約15%となっている。「メインはコンテナ関連施設の建築工事ですが、土木工事が工程や品質などで大きなウェイトを占めました」と三須所長。確かに注目するポイントは土木的なものが多い。「ガントリークレーンが国内最大サイズなので、クレーンレールも国内最大の150kgレールを使います。国内では製作していませんので、4ヶ月かけてルクセンブルグから輸入しました。」規模が大きいがゆえにレールの敷設には高い精度を求められ、誤差は2~3mm以内にしなければならない。

また、冷蔵コンテナ(リーファーコンテナ)を保管するため電気設備が必要となるが、電気配線を通すのに多孔陶管を埋設する。その延長は19.2㎞にも及ぶが、これらは完全に土木の分野であり、共同企業体で4名の土木職が配置された。「実は共同企業体のスポンサーとして工事を担当するのは初めてでしたが、各社の強みを活かせる要員配置を行うことで、チームとしてうまく運営できたと思います」と三須所長は話す。

reportage04_img03reportage04_img04

緊張の日々が終わりに近づく

工事途中には、地中障害による建物の配置変更や各種構造の設計変更があり、当初工程どおりに進まない時期があったが、最終的には予定どおりに完成を迎えることができた。工期厳守が至上命題の現場であるがゆえ、現場の職員たちは緊張の日々が続いた。しかし、ようやく終わりが近づき現場には安堵感が漂う。

三須所長は、「国家プロジェクトの一端を担えたことに充実感があります。会社からの期待も大きかったので無事にやり遂げることができ、本音としてはホッとしています」と話す。去年の正月はプレッシャーを感じつつ過ごしたそうだが、今度の正月はゆっくりできそうと笑顔を見せてくれた。やはりモノ造りの現場での達成感は、大きいものがあるに違いない。

reportage04_img05reportage04_img06

工事名称 (南本牧)MC-3号コンテナターミナル設備等整備工事
工事場所 神奈川県横浜市中区南本牧 7番地
工  期 2013(平成25)年12月4日~2014(平成26)年12月19日
発 注 者 横浜港埠頭株式会社
施 計 者 パシフィックコンサルタンツ株式会社
施 工 者 東洋・加藤・あおみ建設企業体
工事概要 建設関連工事
 新築工事 鉄骨造 8施設
 新築工事 RC造 5施設
 給水管工事 φ75〜φ200mm 2,281.8m
 排水管工事 GX型φ100、VUφ200他 1,500.1m
 屋外照明施設設置 16箇所
 リーファー設備設置工 504台
 コンテナクレーン配線工 一式
 屋外配電線工 一式
 岸壁部機器設置工(製作・据付) 16基
土木関連工事
 舗装工 車道部、駐車場部、防塵舗装 10,905.0m
 荷役機械付帯設備工 クレーンレール、金物設置工 923.0m
 外構工 SOLASフェンス H=2400 805.0m
 電気埋設管路工 多孔陶管 19,037.2m
 電気マンホール設置工 64箇所

一覧へ戻る
ページトップへ