技術・ソリューション

フラップゲート式可動防波堤

近年、大地震に伴う津波災害や大型台風などによる高潮災害への対応が急がれています。
フラップゲート式可動防波堤は、海底に一列に配置した扉体を、浮力を利用して旋回起立させることで連続した防波堤を形成する可動式の構造物です。その設置目的により“背後域の水位変動の抑制を目的とする津波・高潮防波堤”と“背後域の静穏度向上を目的とする波除堤”の2種類に分類されます。
日立造船、東洋建設、五洋建設の3社にて共同開発し、2011年3月~2013年3月まで2年間に渡る実海域実証試験を行い、基本性能や水中保守作業等について確認しました。

フラップゲート式可動防波堤

津波・高潮防波堤としての利用例

船舶の航路となる港口や湾口に配置し、既存の防波堤に接続します。津波や高潮の来襲が予測された場合に扉体を浮上させることで、港口や湾口を締め切り、津波や高潮の浸入を防ぎます。

特徴

  • 【自然の力を利用する安価な施設】津波・高潮の力を有効御利用した構造・機構を採用することで、安価な防御施設を実現します。
  • 【周辺景観への影響が僅少】扉体は、平常時は海底倒伏しているため、船舶航行・海水交換を阻止せず、周辺景観への影響が僅少です。
  • 【常時監視による見える化】扉体浮力等の常時監視により施設状態を見える化し、安心な防御施設を実現します。
  • 【現場工期が短く、高品質】構造体のほとんどが工場製作となるため、現場施工期間が短くでき、かつ優れた品質を確保できます。