技術・ソリューション

ポンプ浚渫船施工管理システム TOP SYSTEM

「TOP SYSTEM」は、東洋建設が長年にわたって携わってきた浚渫・埋立工事の実績を基に技術開発を進め、船位測定装置、潮位伝送装置、掘削軌跡表示装置などを組み込んだポンプ浚渫船の船舶運転監視システムです。「TOP SYSTEM」により、熟練オペレーターでなくても運転状況を容易に把握でき、高精度かつ高能率な操船を可能にしました。

ポンプ浚渫船施工管理システム TOP SYSTEM

システム表示例

オペレータ室では、下に示すように浚渫軌跡及び浚渫深度等を図化して、オペレータにわかり易い表示で浚渫状況を示しています。

特徴

  • 各種センサーによる運転状況をリアルタイムに表示し、機関効率のよい運転が可能です。
  • 転船誘導や浚渫作業時に船位をCRTにリアルタイムで表示し、高精度な運転が可能です。
  • 潮位測定データ、浚渫深度および音響測深機による掘跡計測より掘削軌道をリアルタイムでCRTに表示し、水中下の状況を確認し確実な掘削が可能です。
  • 潮位測定データをリアルタイムに伝送し、浚渫深度の潮位補正などを自動的に行います。
  • 無線LANと遠隔操作カメラを利用し、排砂池の監視を遠隔で行うことが可能です