G ガバナンス

ガバナンス

コーポレート・ガバナンス

基本的な方針

当社は経営理念の実現に向け、「人を育て」「問題に向き合い」「付加価値生産性を高める」ことを基本方針に定め、なかでもコーポレート・ガバナンスの充実を経営の最重要課題のひとつと位置付け、経営環境の変化に迅速に対応する最適な経営体制の構築に取り組んでいます。コーポレート・ガバナンスを充実させ、経営の効率性、透明性を確保することが企業価値を高め、株主をはじめとするステークホルダーや社会全般から信頼される企業として存続する基盤になると考えています。

リスクマネジメント

リスクマネジメント委員会

当社は、会社の持続的成長とコンプライアンスの徹底を図るため、本社に「リスクマネジメント委員会」を設置しています。同委員会は経営管理本部長を委員長とし、経営リスクの拾い出し、評価、対応をまとめたリスク項目管理表の監修をはじめ、グループ全体のリスク防止策の提言、コンプライアンス方針の策定・改定などリスクマネジメント活動に関する検討や方針の策定などを行い、定期的に取締役会へ報告しています。また、グループ全体で共通して取組むリスクとして「改ざん・偽装・隠ぺい」を選定して、各部署、グループ会社毎にその防止に取組んでいます。

リスクモニタリング

リスクへの取り組みは資料やデータ収集に留まらず、法務部が本社の各部署、支店や営業所、作業所を巡回して、各種資料の現認やヒアリングにより会社全体に影響するリスクが存在しないかを確認しています。 リスクが発見された場合、リスクマネジメント委員会に報告し、全社的対応がとれる体制となっています。モニタリング時には併せてコンプライアンス調査も行い、コンプライアンス遵守状況のチェックならびに指導、教育も行っています。

コンプライアンス

コンプライアンスの基本方針

当社は、法令だけでなく社内規則および企業倫理を含めて遵守することをコンプライアンスと位置付け、これに基づいた公正かつ誠実な事業活動の実践を通じてステークホルダーの期待に応え、社会的責任を果たすことをコンプライアンスの基本方針としています。

ステークホルダ―エンゲージメント

対話の方針

当社は、当社グループの持続的な成長と企業価値向上に資するよう、株主・投資家との双方向の建設を促進するため、以下の体制整備、取組みなどを行っています。

  • (1) 株主・投資家との対話は、取締役経営管理本部長が統括してい
    ます。
  • (2) 株主・投資との対話を補助する体制として、株主については総務部、投資家については広報部が主管となり、経営企画部、土木企画部、建築企画部などの関係部署と情報交換を行い、連携を図っています。
  • (3) 株主・投資家との対話を充実させるため、決算説明会や個別面談のほか、現場説明会などを開催しています。
  • (4) 対話においていただいたご意見は、経営者に適時適切に伝えており、当社の中長期的な経営方針等の策定に際して参考としております。
  • (5) 株主・投資家との対話に際してのインサイダー情報については、社内規程に従い適切に管理しています。