会社案内

沿革

1929年
昭和4年
兵庫県西宮市鳴尾地先を埋立て、工業港を建設することを目的として、
南満州鉄道と山下汽船の共同出資により、阪神築港株式会社を設立
社長:山下亀三郎 本店所在地:神戸市栄町通
1932年
昭和7年
鳴尾埋立事業のほか、建設請負業を開始
1935年
昭和10年
本店を大阪市東区伏見町に移転
1938年
昭和13年
戦争のため、鳴尾埋立事業を中断
1945年
昭和20年
本店を大阪市西区川口町に移転
1946年
昭和21年
戦後初の請負事業である利根川浚渫工事(千葉県)を受注
1952年
昭和27年
本店を大阪市東区伏見町に移転
1960年
昭和35年
東京営業所を東京支店に昇格
1961年
昭和36年
本店は大阪市東区高麗橋に移転
大阪証券市場第2部に上場
1962年
昭和37年
東京証券市場第2部に上場
1964年
昭和39年
鳴尾埋立事業の再開を決定
東洋建設株式会社に商号を変更
東京・大阪証券市場第1部に上場
1965年
昭和40年
福岡営業所・名古屋営業所を支店に昇格
1967年
昭和42年
鳴尾埋立着工式を挙行
1968年
昭和43年
東京本部設置、岡山、高松、金沢営業所を支店に昇格
1969年
昭和44年
東北支店開設
1970年
昭和45年
日立造船臨海工事株式会社を吸収合併
1971年
昭和46年
北海道支店開設
1972年
昭和47年
シンガポール営業所開設(海外進出)
1973年
昭和48年
海外事業部(現 国際支店)設置
ナボタス漁港建設工事(フィリピン)を受注
マニラ営業所(フィリピン)開設
1976年
昭和51年
建築部・建築営業部設置(建築部門進出)
フィリピンに合弁会社CCTを設立
東京本部を東京本社に改称
1977年
昭和52年
鳴尾浜産業センター一般分譲開始
1983年
昭和58年
奈良輪機材センター開設
1984年
昭和59年
鳴尾技術センター(現 鳴尾研究所)開設
1986年
昭和61年
鳴尾浜産業センター販売終了
関西国際空港島護岸築造工事(大阪府)受注
1990年
平成2年
株式会社トマック(海上工事専門会社)設立
1992年
平成4年
チャンギー空港埋立工事(シンガポール)受注
美浦研究所設置
1995年
平成7年
阪神大震災復興工事に従事
1997年
平成9年
プノンペン営業所(カンボジア、現プノンペン出張所)開設
1999年
平成11年
ISO9001全社認証取得
関西国際空港Ⅱ期工事(大阪府)受注
2000年
平成12年
中部国際空港護岸等築造工事(愛知県)受注
2001年
平成13年
ISO14001全社認証取得
2002年
平成14年
前田建設工業株式会社との業務提携を発表
2003年
平成15年
東洋バリューアップ計画を発表
(前田建設工業との提携強化、増資等)
2004年
平成16年
ハノイ営業所(ベトナム)開設
2005年
平成17年
東京国際空港D滑走路建設外工事(東京都)受注
2006年
平成18年
ジャカルタ営業所(インドネシア)開設
2007年
平成19年
国際事業部を国際支店に昇格
本社移転(千代田区神田錦町から江東区青海へ)
2011年
平成23年
東日本大震災復興工事に従事
2012年
平成24年
株式併合を実施(5株を1株に)
モンバサ港コンテナターミナル建設工事(ケニア)受注
2013年
平成25年
ニソン製油所プラント海洋工事(ベトナム)受注
2014年
平成26年
ヤンゴン出張所(ミャンマー)開設