技術・ソリューション

ポンプ浚渫船施工管理システム TOP SYSTEM-Auto

「TOP SYSTEM-Auto」は、従来の船位測定装置、潮位伝送装置、掘削軌跡表示装置などを組み込んだポンプ浚渫船の船舶運転監視システム「TOP SYSTEM」に改良を加え、設計値に従ってラダーをリアルタイムで自動制御するとともに、浚渫状況を3次元でアニメーション表示することができます。これによりオペレータは繊細なラダー操作から解放され、熟練オペレーターでなくても運転状況を容易に把握でき、高精度かつ高能率な操船を可能にしました。
ポンプ浚渫船施工管理システム TOP SYSTEM-Auto

システム表示例

当システムはGNSSによるポンプ浚渫船の位置情報や、各種センサーによるラダ ー先端の深度情報等をもとに、水中施工箇所の3次元デ ータを集約し、施工中変化する浚渫状況を“リアル”に 『見える化』できます。

特徴

  • 船体の位置、傾斜と潮位情報に基づくラダーの自動制御により、浚渫の効率化、省力化及びオペレータの負担が軽減します。
  • カッターの掘削軌道をリアルタイムにモニター表示されるので、浚渫管理の精度が向上します。
  • 浚渫状況を3次元アニメーション表示し、常に掘跡確認ができるので確実な工程管理が行えます。
  • 3次元モデルには、施工履歴(位置情報や機械情報、地盤情報等)が付与されるので、トレーサビリティが容易になります。