経営理念の実践による
サステナビリティの実現


東洋建設グループの経営の根本は、1979年発表の経営計画で謳った「経営理念」に込められており、当社の生業である建設事業を通じて社会的な使命を果たすことを目指しています。
また、その実現に向けて役職員が指針とするものが、経営理念を礎として2005年に制定した「行動規範」です。
役職員全員が経営理念を実践すること、それが当社グループの持続可能な社会の実現に向けた取り組みにつながっています。

東洋建設の経営理念

夢と若さをもって全員一致協力し、新しい豊かな技術で顧客と社会公共に奉仕することに努め、会社の安定成長と従業員の福祉向上を期する

東洋建設のCSR方針

当社は、皆様の信頼に足る企業となるべく、経営理念である「顧客と社会公共への奉仕」を実践し、建設を営む企業として社会的要請にかなった建設技術の研鑽に努め、より良質で価値ある社会基盤を構築することを目指します。

東洋建設の行動規範

社会的使命を果たすため
1.社会の要請に適った建設活動
2.品質の確保と建設技術の向上
3.公衆災害防止の徹底と自然災害への対応

安全衛生・品質・環境マネジメントシステム基本方針

東洋建設は、人の安全と健康を最優先し、よりよい地球環境保全と改善に努め、信頼性の高い品質を継続的に提供する事業活用を進めていくことにより、経営理念の実践を確実なものにするために、マネジメントシステムを整備し、運用しています。

最新のCORPORATE REPORT