E 環境

東洋建設は事業活動が環境に与える負荷を低減し地球環境保全と改善に寄与すべく、環境マネジメントシステムの運用と改善を継続しながらよりよい環境の創造と保護に寄与する活動や技術開発を推進してまいります。

環境経営

当社は、地球環境保全と改善に配慮するとともに、より良い環境の創造と保護に寄与する施策や技術開発を推進して環境経営に取り組んでいます。
作業所をはじめとした各部署の事業活動において、環境法規制遵守の取り組みを行っており、毎年度各部署において内部監査、外部審査などを通して環境に関する法規制の違反がないか遵守評価をおこなっております。
また当社は、海洋土木を事業活動の中心とする企業であることから、公害防止活動の重点項目として水質汚濁防止を挙げています。

環境への取り組み

EMSの推進

当社は事業活動で発生するさまざまな環境負荷を低減するため、 環境マネジメントシステム(EMS)を運用して多くの課題に取り組んでおり、PDCAサイクルによる継続的改善により 環境の保全・改善に努めております。

地球温暖化防止

マテリアルフロー

建設事業では、事業活動に伴いエネルギーや資材が投入される一方、温室効果ガスや建設副産物等が排出されます。気候変動対応についての環境・社会に対するリスクおよび機会を検討し対策を講ずるためには、これらの投入量、排出量を把握することが重要となります。当社は、低炭素社会の推進、循環型社会の構築のため、環境マネジメントシステムを適正に運用することで、排出量の削減やリサイクル率の向上を目指しています。

CO2排出量削減の取り組み

当社は、(一社)日本建設業連合会が策定した環境に対する取り組み指針「建設業の環境自主行動計画(第6版:2016-2020)」で掲げる「建設施工段階におけるCO₂排出量を(1990年度を基準として)2020年度までに20%削減する」という目標のもと、2005年度より排出量の計測を行うとともにCO₂排出削減活動を推進しています。
CO₂排出量の削減にあたっては、1990年度における排出量の原単位にあたる、陸上土木工事では92.0 t-CO₂/億円、建築工事では24.0 t-CO₂/億円を基準として目標値を設定し、CO₂排出量削減活動を推進しています。
当社では、建設機械・船舶等の点検整備の徹底による燃料効率の向上ならびに省エネ運転、アイドリングストップの励行、ハイブリッド型重機の採用、建設副産物の再利用等による搬出入車両の削減等の日常対策を引き続き実施してまいります。

資源循環型社会の形成

当社は、建設副産物の3R(リデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、リサイクル(Recycle))と適正処理により持続可能な資源循環型社会を推進しております。そのため、混合廃棄物排出割合、建設廃棄物の再資源化・縮減率および建設発生土の有効利用率を環境監視項目として定め、目標値に対する実績を毎年公表しております。