技術・ソリューション

捨石均しグラブバケット

捨石や被覆石の均し作業は、水深が-15mを超える時や石材が重い時、潜水士の体力を消耗させ、減圧症の発病リスクが増大します。また、作業する水深が深くなると1回の潜水可能時間が減少し、作業効率が低下します。さらに、近年潜水士の数も減少し、潜水作業の担い手が不足しています。
捨石均しグラブバケットを落下させて、捨石・被覆石の法面を均す工法は、潜水士の安全性と作業効率が向上します。【「捨石基礎の施工方法」(特許第6444844号)東洋建設(株),(株)青山海事】

バケットの機能は投入、不陸調整、均し、深度確認です。施工管理システムにより位置と深度を誘導します。

捨石均しグラブバケット

特徴

  • 800~1000kg/個の捨石及び被覆石をつかみ、捨石均しグラブバケットを法面に落下させて、重みで均すことができます。
  • 1:1.5、1:2.0、1:3.0、1:4.0、1:5.0の法面勾配に対応できます。(1:2.5対応バケットもあります)
  • GNSSから得られる座標から設計深度を計算するシステムにより、位置誘導と目標深度と施工深度の差異を確認できます。
  • 大水深において潜水士が人力で行う均しなどの重労働作業を削減することで、減圧症の発病リスクを大幅に削減できます。
  • 一日当たりの均し作業面積が増大することで作業効率が向上します。(尚、潜水士は測量及び均しの水中確認を行います。)